ジムニーTOPジムニー人気グレード値引き>ジムニーXCの値引き

総額はいくら?ジムニーXCの値引きと総価格をシミュレーション

 

このページでは、ジムニーの中でも売れ筋となっている人気グレード・ジムニーXCの値引き込み購入シミュレーションを紹介しています。

 

また、他グレードや値引きの交渉材料となるライバル車などと価格や装備を比較するほか、実燃費やリセールバリューなど、ジムニーXCのお得情報を随時更新しています。

 

ジムニーXCを購入する際の参考になればと思います。

 

 

 

 

ジムニーXCと他グレードを比較

 

ジムニーXCとジムニーXLの比較
※ジムニー:suzuki.co.jp

 

グレード名 ジムニーXC

ジムニーXL

価格

1,744,200円(5MT)

1,582,200円(5MT)

価格差   162,000円安い
装備等 デュアルセンサーブレーキサポート等 ※MOP(スズキ セーフティサポート)
LEDヘッドランプ(オートライト&自動消灯システム付) ハロゲンヘッドランプ
ヘッドランプウォッシャー なし
クルーズコントロール なし
本革巻きステアリングホイール ウレタンステアリングホイール
バニティミラー(運転席&助手席) バニティミラー(運転席)
LEDサイドターンランプ付ドアミラー カラードドアミラー
ブラック2トーンルーフorブラックトップ2トーン(※MOP) なし
16インチアルミホイール 16インチスチールホイール

※MOP(メーカーオプション)

 

売れ筋人気グレードのジムニーXCはジムニーの中でも最上級のグレードですが、ワンランク廉価なジムニーXLと比べて、どのような違いがあるのか比較しました。

 

まず、両グレードの価格差は16.2万円ですが、ジムニーXCには自動ブレーキ(デュアルセンサーブレーキサポート)をはじめとした安全運転支援システム「スズキ セーフティサポート」が標準装備されています。

 

ヘッドランプに経済性と安全性で人気の高いLEDヘッドランプやアウトドアの過酷な環境下でも明るさをキープするヘッドランプウォッシャー、そして高速道路などで重宝するクルーズコントロール等もついてきます。

 

更に、ステアリングホイールには本革が使用され、助手席にもバニティミラーを用意することで使い勝手を向上、LEDサイドターンランプの付いたドアミラーが、先進感を演出。

 

そして、ジムニー乗りの個性を引き立てるカラーリングにはメーカーオプションで2トーンカラーやブラックトップが用意され、16インチアルミホイールと相まって最上級グレードの満足感を高めます。

 

これだけの充実装備なら約16万円の差額も納得、むしろお値打ちと言えるでしょう。

 

 

ジムニーXCのエクステリア

 

ジムニーXCのエクステリア前面

 

ジムニーXCのエクステリア(前面)です。

 

ジムニーの伝統と言える武骨な精悍さの中に、フロントグリルやバンパー、アルミホイールなどの意匠に洗練されたセンスが見え隠れし、ボックス感を全面に出しつつも野暮ったくならないデザインに仕上がっています。

 

写真は最上級グレードを象徴するブラックトップ2トーンのカラーリング、シンボルカラーのキネティックイエローと絶妙なマッチングが鮮烈な印象を与えます。

 

 

ジムニーXCのエクステリア後面

 

ジムニーXCのエクステリア(後面)です。

 

腰高なボックス感が悪路における走破性を期待させ、最後まで手を抜かないフロントからの連続性が、その力強さを背中で表現しています。

 

ボディとそれを載せるリアバンパー廻りはそれぞれの役割に徹しながらも不可分に連携し、乗る者は元より、見る者にさえ安定・安心感をもたらすでしょう。

 

 

ジムニーXCのインテリア

 

ジムニーXCのインパネ回り

 

ジムニーXCのインパネ回りです。

 

タテの立体感とヨコの水平感から、ジムニーらしいダイナミズムと本格オフロード仕様の合理性を追求。使いやすさと遊び心がいかんなく表現されたデザインが特徴的です。

 

また、インパネはじめ各所にキズや汚れの目立ちにくい表面処理がなされ、ワイルドなドライビングスタイルにも堪えうる仕様となっています。

 

他にも、ラフロードでのポジションキープや乗降を助けるグリップ類、握りやすく操作性の高い本革巻きステアリングホイール、極限環境で手袋をしたままでも操作しやすい大型スイッチ類など、過酷な状況に屈しないジムニーらしいタフさが、インテリアにも表現されています。

 

 

ジムニーXCの車内空間

 

ジムニーXCの車内空間です。

 

「武骨」を絵に描いたようなシンプルさですが、コンパクトな外観からは意外とも思える解放感が印象に残るほか、センターピラーから後ろのボディカラーが、走行環境との一体感を演出します。

 

座り心地にも手を抜かず、滑らかな撥水ファブリックシートはフラットにして車内泊や休憩時間も快適に過ごせます。

 

また、シートアレンジによってテントや釣り竿、ゴルフバッグに脚立なども収納可能なので、ユーザー個々のスタイルに合わせた多彩な活用・楽しみ方が選択できます。

 

ジムニーXCのシートアレンジ

 

 

ジムニーXCの実燃費は?

 

ジムニーXCの平均実燃費 12.61㎞/ℓ

 

ジムニーXCのカタログ燃費は16.20㎞/ℓとなっており、平均実燃費は77.8%の達成率となっています。

 

信号待ちや渋滞などストップ&ゴーの多い走行環境下では9~11㎞/ℓ台まで落ち込む一方、スムーズな幹線道路や高速道路では15~18㎞/ℓを超える事例もあります。

 

ちなみに、ジムニーXCの燃料タンクは40ℓなので、ガソリンを満タンにすれば理論上は約500キロ(京都~掛川間242キロを無給油で往復)走れる計算になります。

 

 

ジムニーXCを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に!

 

ジムニーXCの値引き交渉に有効な競合ライバル・コペン エクスプレイ

 

ジムニーXC コペン エクスプレイ

1,744,200円(5MT)

1,873,800円(5MT)
ジムニーXCより 129,600円高い
660㏄ガソリン 660㏄ガソリン
16.2㎞/ℓ(カタログ値) 22.2㎞/ℓ(カタログ値)
最高出力:47kw(64PS)/6,000rpm 47kw(64PS)/6,400rpm
最大トルク:96N・m(9.8㎏・m)/3,500rpm 92N・m(9.4㎏・m)/3,200rpm
乗員4名 乗員2名
16インチアルミホイール 同(専用デザイン)
LEDヘッドランプ
本革巻きステアリングホイール
スズキ セーフティサポート ブレーキオーバーライドシステム
軽量衝撃吸収ボディ(TECT) 衝突安全ボディ(TAF)
フルオートエアコン オートエアコン
2スピーカー
運転席・助手席シートヒーター
クルーズコントロール なし
キーレスプッシュスタート プッシュボタンスタート
電動格納式リモコンドアミラー 電動リモコンカラードドアミラー
ファブリックシート表皮

※MOP(メーカーオプション)/DOP(ディーラーオプション)

 

ジムニーXCの値引き交渉には、ライバル車との競合が有効です。

 

と言ってもジムニーと真っ向競合するライバル車は不在なので、今回は少しタイプが違いますが、ダイハツのコペン エクスプレイをピックアップ、価格や装備等を比較した上で、ディーラーに値引きを要求していきます。

 

まず、ダイハツのディーラーで「ジムニーXCとコペン エクスプレイのどちらにしようか検討している」旨を伝えた上で、

 

「家内は4人乗りやクルーズコントロール等の便利さ、そして何より約13万円も安いジムニーXCに決めたがっているが、自分は憧れのオープンカーであるコペンに乗りたい。この価格差が逆転できれば、家内を説得できるかも」

 

などと持ちかけ、値引きしてもらえたら、その査定を持って本命であるスズキのディーラーを訪問し、同じように両車で検討している旨を話し、

 

「自分はジムニーXCが欲しいけど、家内は燃費がよくて、かつ値引きでジムニーXCより安くなったコペン エクスプレイに決めたがっている。4人乗りや装備では説得できなかったので、コペンと価格が逆転できる値引きをお願いしたい」

 

などと伝え、値引きを勝ち取れたら、その見積もりを持ってまたダイハツへ……を繰り返すのがセオリーですが、営業マンも人間ですから、あまりに計算が見え透いてしまうと、あっさり「残念ながら……」と引いてしまう事もあります。

 

あくまでも「今、値引き交渉しているクルマが欲しい」というスタンスでそれぞれの商談に臨むのが前提となります。

 

その上で「支払い総額がいくら万円になったら、絶対に家内を説得し、その上で他のディーラーに、今この場で断りの電話を入れる」など、確たる意思を示すことで、セールスマンとの連帯関係を築いていくのが、ジムニーXCの値引き交渉には有効です。

 

 

ジムニーXCのリセールバリューは?

 

ジムニーXCのリセールバリュー

 

ジムニーXCを購入したら、いつかは売却すると思いますが、その時の値段は誰しも気になるところだと思います。

 

そこで、ここでは業者オークションの前型ジムニーの相場データを基にした新型ジムニーの予想リセールバリューを紹介します。

 

※新車から3年経過後のリセールバリュー(1年1万キロ平均の車両)

グレード名 新車価格 買取相場 新車価格に対するリセールバリュー 差額
XG 5MT 145.8万円 91.8万円 62.9% 54.0万円
XG 4AT 155.5万円 95.6万円 61.4% 59.9万円
XL 5MT 158.2万円 99.8万円 63.0% 58.4万円
XL 4AT 167.9万円 103.4万円 61.5% 64.5万円
XC 5MT 174.4万円 113.6万円 65.1% 60.8万円
XC 4AT 184.1万円 117.7万円 63.9% 66.4万円

 

業者オークションを調査したところ、新型ジムニーの3年落ちリセールバリュー予測は全グレード60%台となっており、これは普通乗用車の3年落ち平均値(50~55%)を上回る優秀な数値と言えます。

 

最高リセールはXCのマニュアル(5MT)、最低リセールはXGのオートマ(4AT)となっていましたが、その差は3.7%とごく小さいため、どのグレードを選んでいても大きく損はしないでしょう。

 

また、全体的な市場動向としては上級グレードほど高リセール、オートマよりもマニュアルの方が高リセールとなるようなので、購入時の参考になるかと思います。

 

 

ジムニーXCの値引き後の総支払額は?

 

オプション無し・最安でのジムニーXC新車値引き見積もり

 

オプション無しのジムニーXC

 

ジムニーXCを、少しでも安く買いたい!という思いは誰しも同じ。

 

では、ジムニーXCをとことん安く購入する場合、いくらになるのかシミュレーションしてみましょう。

 

グレード名 ジムニーXC (5MT)
車両本体価格

1,744,200円

(メーカーOP品名) なし
メーカーオプション価格 0円
(ディーラーOP品名) なし
ディーラーオプション価格 0円
諸費用 133,408円
目標値引き ▲60,000円
オプション値引き --
支払総額 1,817,608円

 

オプションを何もつけずにジムニーXCを購入する場合、諸費用と目標値引き金額(限界達成値)を差し引きして約181万円となりました。

 

とは言うものの、本当に何もオプションをつけないのはいくらなんでも不便すぎるため、主要オプションを少しでも安い社外品に代えた場合、いくら安くできるのでしょうか。

 

オプション品名 社外品 純正オプション
フロアマット 3,564円 11,502円
ドアバイザー 3,974円

10,692円

ナビゲーション 114,300円 157,680円
シートカバー 14,800円 34,452円
ドライブレコーダー 11,480円 36,612円

※純正オプションは工賃費込み

※これらの社外品は楽天市場などで揃えることができます。

 

社外品と純正オプションを比べると、そのほとんどが半額~1/3以下で購入できるため、とてもお得になっています。

 

ただし、フロアマットはともかく、ドアバイザーの取りつけは少しコツが要りますし、シートカバーの取りつけは結構な重労働。

 

ナビゲーションやドライブレコーダー等の電子機器は、慣れない方は一人でいじらない方が無難です。

 

これらの社外品はジムニーXCの購入時にディーラーで工賃をサービスまたは割引で取り付けてもらえるよう、あらかじめ交渉しておくといいでしょう。

 

 

おすすめオプションを含んだジムニーXC新車値引き見積もり

 

人気オプションを装備したジムニーXC

 

グレード名 ジムニーXC(5MT)
車両本体価格

1,744,200円

(メーカーOP品名) キネティックイエロー ブラックトップ2トーン
メーカーオプション価格 64,800円
(ディーラーOP品名)

ナビ、ETC2.0、バックアイカメラ、ドライブレコーダー、ドアバイザー、フロアマット

ディーラーオプション価格 322,812円
諸費用 134,608円
目標値引き ▲60,000円
オプション値引き ▲64,000円(※ディーラーオプションの約20%)
支払総額

2,142,420円

 

今度はおすすめの人気オプションを装備、かつ諸費用と目標値引き金額(最大値)を差し引きした場合、ジムニーXCの支払い総額は、約214万円となりました。

 

メーカーオプションには、最上級グレードの象徴であるイメージカラーのキネティックイエロー ブラックトップ2トーンを選択(リセール的には、ホワイトパール、ブラック、ジャングルグリーンが安定)。

 

ディーラーオプションには、定番4点セット(ナビ、ETC、ドアバイザー、フロアマット)に加え、防犯・トラブル対策に有効なドライブレコーダーや、駐車時などに役立つバックアイカメラを選択しています。

 

何もオプションをつけないパターンより約30万円高くなりましたが、それだけの価値は充分にあるでしょう。

 

 

ジムニーXCの値引き実例は?

 

ジムニーXCの値引き実例

 

さて、ここまでジムニーXCの特徴や値引き交渉術、リセールバリューや購入シミュレーション等について紹介してきましたが、実際にユーザーはどのくらいの値引きでジムニーXCを購入しているのでしょうか。

 

ここでは、当サイトに寄せられたジムニーXCの値引き実例報告を見てみましょう。

 

購入時期 グレード名 値引き額
2018年7月 ジムニーXC 10.0万円
2018年7月 ジムニーXC 25.0万円
2018年7月 ジムニーXC 6.0万円
2018年7月 ジムニーXC 5.0万円
※ディーラーオプションからの値引きも含んでいます

 

2018年7月に新型が登場した直後とあって、値引きガードも5~6万円前後と堅いジムニーですが、都市部では10万円を突破、オプションをどっさりつけたパターンでは、なんと25万円もの値引きに成功した猛者もいます。

 

傾向としては、地方よりも都市部の方がガードは緩め、オプションを多くつけるほど値引きが大きくなりやすい傾向が見られるため、オプションはいきなり欲しいもの全部を提示するのではなく、相手の様子をうかがいながら少しずつプラスしていくのがポイントです。

 

例:「車両本体から値引きできないなら、ナビを価格据え置きで1ランク上げてよ(本当は、元からそのランクのナビが欲しかった)」

 

これまで紹介してきた通り、あらゆる知恵と手段を駆使して、限界値引きを削り出していきましょう。

 

 

下取り車があるならジムニーがさらに安く買える

 

ジムニーを購入検討している人が、気になるのは購入価格ではないでしょうか。

 

もし下取り車があるなら、ジムニーの総支払額を新車の値引き以上に下げる事が可能です。

 

方法はとても簡単です。是非参考にしてみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額は低く見積もられているケースも

 

下取り車があって新車を購入するなら、そのディーラーで査定してもらうユーザーは多いでしょう。

 

ここで気を付けたいのは、ディーラーの下取り金額は低く見積もられているケースがある事です。

 

低い金額で下取り車が取れれば、ディーラーの儲けが多くなり、新車の値引きをしても利益が大きく減りません。ディーラーには大きなメリットとなります。

 

 

ディーラーの下取り金額は簡単に上げられる!

 

低く見積もられる事もあるディーラーの下取り金額ですが、実は簡単にアップさせる事が出来ます。

 

以前、管理人のフィットシャトルを買い替えた時の例で紹介しましょう。

 

フィットシャトルのディーラーの下取り金額は、76万円でした。

 

ディーラーが査定金額を低く見積もる事は知っていたので、比較のために買取店にも査定してもらう事にしました。

 

買取店の査定サイトで申し込むと、自分の車の買取相場が表示されます。

 

 

査定

 

査定サイトで表示された買取相場は、ディーラーよりも20万円も高い96万円でした。

 

早速ディーラーへ行った時に、「買取店には96万円が相場と言われましたよ?」と言ってみました。

 

セールスさんは少々困っていましたが、結局「買取店さんに合わせます」と、ディーラーの下取り金額も96万円にアップしました!

 

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

 

これだけで、20万円もの上乗せに成功したので、ディーラーの下取り金額が低く見積もられているケースは、実際にあるようですね・・・

 

 

ディーラーより高ければ買取店へ売る選択も

 

ディーラーで20万円のアップに成功した管理人のフィットシャトルですが、その後査定サイトで申し込んだ買取店にも査定してもらいました。

 

結果は、なんとさらにディーラーの下取り金額を上回ってきました。

 

その時の契約書です。

 

 

 

ディーラーの96万円よりもさらに18万円高い108万円でした。

 

もし、買取店の査定を検討しないで最初の76万円でディーラーに売っていたら、32万円も損した事になります。

 

買取店に査定してもらって、良かったと思いましたね。。

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分程度の入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されます。

 

「ディーラーの下取り金額と比較したい方」「早く自分の車の相場を知りたい方」などにはお勧めのサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

 

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

 

そんな時は新古車や未使用車がおススメです。

 

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

 

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

 

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

 

ガリバーのクルマコネクトなら、市場に出回る前の非公開車両を優先して紹介してくれるので、いち早くお得な中古車の情報を取得できます。

 

また、申し込みは電話不要のチャットのみで完結するので、手の空いたスキマ時間を使ってやり取りするだけで、とても便利です。

 

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を非公開車両含めて紹介してくれます。

 

>>ガリバーのクルマコネクトで中古車を探してもらう

 

 

 

ジムニーの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのジムニー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がジムニーを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のジムニーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>ジムニー値引き交渉マニュアル

 

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2008-2018 スズキ ジムニーを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com