ジムニーTOPジムニー評価>ジムニー4WD性能

ジムニーの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

ジムニーの4WD性能は?

 

スズキの軽クロスカントリー車「ジムニー」は、強固なラダー式フレームやタフな3リンクリジッド・アクスル式サスペンションの採用など、軽自動車ながらも悪路走破性を追求した本格派モデルです。

 

2018年7月5日、20年の歳月を越えて生まれ変わりました(フルモデルチェンジ)。

 

駆動方式は全車4WDとなっていますが、雪道で走行した場合の性能がどの程度の水準にあるのかを、徹底評価します!

 

 

 


ジムニーの4WDグレードの価格は?

 

ジムニー4WDの売れ筋グレードは?

 

ジムニー4WDの売れ筋グレード

 

ジムニーのグレードには「XG」と「XL」、そして「XC」の3タイプがありますが、当サイトが独自に実施した調査によると、売れ筋となっているのは最上級のXCです。

 

価格は、5速MT仕様が1,744,200円、4速AT仕様が1,841,400円となっています。

 


ジムニー4WD車とライバル車との差は?

 

ジムニーの最大のライバル車は?

 

ジムニー ライバル車 ハスラー

 

かつて、ジムニーには「三菱・パジェロミニ」という真っ向から競合するライバル車が存在しましたが、既に生産終了となっています。

 

そこで、同じスズキのクロスオーバーSUV「ハスラー」を比較のテーブルに載せることにしました。

 

ジムニーXCに価格で釣り合うグレードはありませんが、ここは最上級グレードのXターボに頑張って貰いましょう。

 

価格は1,674,000円(CVT)、ジムニーXC(AT)より167,400円安くなっています。

 


パワートレインの違いは?

 

2台のエンジンを比較すると、同じ排気量660ccながら型式が異なっています。

 

スペックは、最高出力こそ共に軽自動車の自主規制枠いっぱいの64psで同一ながら、最大トルクも両車0.1kgmの差しかありません。

 

スペック

ジムニー XC 4WD

ハスラー Xターボ 4WD

最高出力(ps) 64
64
最大トルク(kgm)

9.8

9.7
トランスミッション 4AT インパネシフトCVT
車両重量(kg) 1,040
870

 

トランスミッションは両車で異なり、ハスラーにはCVTが組まれています。

 

基本的な動力性能の面では、ジムニーは車両重量が120~130kgも重いため不利になっています。

 


〇 メカニズムの違いは?

 

ジムニーのメカニズム

 

ジムニーとハスラーは、共に超高張力鋼板をはじめ高強度&軽量素材の組み合わせで車重の軽量化と高い安全性を確保する新軽量衝撃吸収ボディ「TECT(テクト)」を採用しています。

 

しかし、ハスラーは街乗りの快適さも重視するがゆえにフレームとボディが一体化したモノコック構造を採用しており、頑強なラダーフレームを採用するジムニーとは、オフロードにおける姿勢が根本から違います。

 

また、ハスラーのサスペンションは乗り心地を優先した4輪独立懸架式を採用しており、車軸の一貫したジムニーのリジッドアクスル式に比べて腹ばい気味となるため、凸凹など悪路におけるクリアランスに不利が生じます。

 

喩えるなら、ハスラーは「オフロードファッション仕様」、ジムニーは「本格オフロード仕様」と言ったところでしょうか。

 


〇 装備の差は?

 

ジムニー4WDの装備差

 

ジムニーとハスラーの主要装備を比較すると、大きく以下の違いが見られます。

 

ジムニーは単眼カメラ&センサーで車両や歩行者を検知・認識して緊急時に自動ブレーキをかける「デュアルセンサーブレーキサポート」、ハスラーは両眼カメラで車両や歩行者を検知・認識する「デュアルカメラブレーキサポート」がそれぞれ採用されています。

 

また、ジムニーの5MT車にはクラッチをニュートラルまで踏み込まないとエンジンが始動できない安全装備「エンジンクラッチスタートシステム」を採用、不意の誤発進などを予防できます。

 

他にも、スピーカー数はハスラーの勝ち(ジムニー2つ/ハスラー6つ)、アルミホイール径はジムニーの勝ち(ジムニー16インチ/ハスラー15インチ)など、一長一短のようです。

 


ジムニー・4WD車の実燃費は?

 

カタログ燃費と実燃費の差は?

 

ジムニーの燃費性能は、4速AT車の場合でカタログ燃費(JC08モード)が13.2km/L、当サイトの調査による実燃費が10.75km/Lとなっています。

 

達成率は81.4%で、カタログ燃費との乖離は比較的少ない部類に入ります。

 


ライバル車との実燃費の差は?

 

当サイトの調査によると、ハスラー・Xターボ4WD車の実燃費は18.7km/L(カタログ値26.2㎞/Lの71%)なので、ジムニー4WDは大きく引けをとってしまっています。

 

しかし、ハスラーとのカタログ燃費の差13.0km/Lを実燃費で7.95㎞/Lまで縮めているのも事実で、不利な中でも健闘していると言えるでしょう。

 


ジムニー・4WD車の雪道の走行性能は?

 

ジムニーの4WDはどんなシステム?

 

ジムニー4WDの概要

 

ジムニーのパートタイム4WD

 

ジムニーは1970年の初代デビューから、前輪と後輪を直結するシンプルな「パートタイム4WD」方式を採用し続けています。

 

これは機械式サブミッション(副変速機)によって2WD/4WDを切替え、また4WDも高速(4H)と低速(4L)に切り替えることで駆動力のより確実な伝達を行い、刻々と変化していく路面状況に対してフレキシブルな走破を可能とするものです。

 

 

ジムニー4WDのR06A型ターボエンジン

 

ジムニー4WDのターボエンジン

 

ジムニーのエンジンは、従来より圧縮比を高めたロングストローク化&インテーク側VVTを採用したR06A型ターボエンジンを搭載。

 

小型&低慣性なタービン採用によってアクセルワークに対するリニアフィールを実現するターボチャージャーは、低回転域からのトルクフルなハイパフォーマンスを発揮。

 

リフレクシーズなトランスミッションとの連携によって駆動力に安定感をもたらし、悪路における優れた走破性能を支えます。

 

また、軽量かつコンパクトな設計に加えて水や雪、飛び石対策も充実した、高い信頼性を備えています。

 

 

ジムニーの伝統・ラダーフレーム構造

 

ジムニーのラダーフレーム構造

 

ハシゴ型のフレームにサスペンション等を装着してボディをマウントする、正統派4WDの伝統を継承するラダーフレーム構造は、その合理性ゆえに多くのSUVが採用している(フレームとボディを一体化する)モノコック構造とは一線を画す「ジムニーの矜持」と言えるでしょう。

 

最新型ジムニーのために新開発されたラダーフレームは、中央部にXメンバー、前後にクロスメンバーを1本ずつ追加採用することにより、フレームのねじり剛性を従来の約1.5倍にまで高めています。

 

また、車体とラダーフレームをつなぐボディマウントゴムも新設計、タテ方向の柔軟性が乗り心地を向上し、ヨコ方向の硬さが操縦安定性を高めているところも、大きな特徴の一つです。

 


ジムニー4WDのブレーキLSDトラクションコントロール

 

ジムニー 4WDモードスイッチ

 

スタック状態など、左右どちらかの車輪が空転してしまうと、もう片方の車輪も駆動力を喪失してしまいます。

 

そうしたシーンでの駆動力を維持するため、ジムニーはブレーキLSDトラクションコントロールを採用。

 

駆動状態を4L(4WD低速モード)に切り替えると、空転した車輪にブレーキを作動、エンジントルクを落とさずもう片方の車輪に駆動力を伝えるため、高い脱出性能を発揮できます。

 

 

ジムニーの3アングル

 

ジムニーの3アングル

 

ジムニーのこだわりである、悪路での高い走破性能を支えている3アングル。

 

短い鼻先(アプローチアングル:41°)と引き締まったお尻(デパーチャーアングル:51°)、そして短い胴体と凹んだお腹(ランプブレークオーバーアングル:28°&最低地上高205㎜)。

 

ジムニーの3アングル

 

いずれも鼻先が障害物につっかえず、スリムな腹をなるべくこすらず、そして乗り越えた後に腰掛けないよう、ギリギリまで削り出した角度の賜物と言えるでしょう。

 

 

〇3リンクリジッドアクスル式サスペンション

 

新型ジムニーの3リンクリジッドアクスル式サスペンション

 

ジムニーの伝統を支える走行性能の一つに、3リンクリジッドアクスル式サスペンションが挙げられます。

 

これは左右のタイヤをつなぐ車軸の一本化により、凸凹な路面(例えば、斜面を横切る時など)における対地クリアランスを大きく確保できます。

 

一般的な乗用車に採用されている独立懸架式サスペンションは、左右の車軸がそれぞれ独立しており、凹凸路面に対して車腹をより水平に保てるため、乗り心地は良いものの、悪路における走破性は劣ります。

 

また、3リンクリジッドアクスル式サスペンションは構造も堅牢なため、過酷な状況下にも堪えうる信頼性と耐久性が確保されています。

 


ジムニーの雪道での実際の走行性能は?

 

ジムニー4WDの発進・加速時

 

雪道での発進時には、新雪や圧雪路なら「4H(4WD高速)」モード、深雪の場合は「4L(4WD低速)」モードで対応できます。

 

「2H(2WD)」モードの場合、雪道に最も弱いとされるFR方式での走行となるので、ことにアイスバーンともなると後輪がスリップしたり、方向性が定まらなくなったりする問題が生じます。

 

しかし、4Hや4Lモードを選んでおけば、常時4輪にトルクが配分されるので、スリップや蛇行の無い安定した発進・加速が可能になります。

 


ジムニー4WDの登坂・降坂時

 

ジムニー4WDの登板・降板時(荒れた山道のイメージ画像)

 

ジムニーはパートタイム4WDの使い分けによって、荒れた山道などでも力強く登っていけます。

 

雪道においても、ちゃんとスタッドレスタイヤを履けば、スタック知らずで快適に走れるでしょう。

 

また、下り坂ではヒルディセントコントロール(下り坂自動ブレーキ制御)機能によって車速を定速に保つため、ステアリングに集中して安全に運転できます。

 

加えて、信号待ちからの坂道発進時など、ブレーキをアクセルに踏みかえる瞬間、最長約2秒間の自動ブレーキで車体の後退を防ぎ、スムーズな発進をアシストするヒルホールドコントロール機能も備わっています。

 


ジムニー4WDの通常走行時

 

大型SUVと比べると車両重量が軽いので、圧雪路だけでなく埋もれ易い新雪にも強いのがジムニーの特徴です。

 

ただし、アイスバーンでは車両重量の軽さが災いし、トラクションが不足する場合があります。

 

また、ホイールベースが短く重心位置も高いので、安定性はあまり高いとは言えない上、横滑り防止装置などの電子デバイスを持たないので、くれぐれも無理は禁物です。

 


ジムニー・4WDのまとめ

 

ジムニーの雪道での走行性能は、直結状態で走行できるパートタイム4WD方式の採用や、205mmも確保されている最低地上高のおかげで、軽4WD車ナンバーワンと断言できます。

 

雪や路面の状態によっては、大型SUVにも勝る走破性を発揮します。

 

ただ、前項で述べたように弱点もあるので、性能を過信しないことが大切です。

 

また、燃費性能に関しては軽4WD車としては最も悪い部類に入り、かつて2Lターボエンジンを搭載していたフォレスターのターボにも劣るほどです。

 

経済性を重視するなら、ジムニー以外の車種を狙った方が良いですが、抜群の4WD性能を発揮する軽自動車を探すなら、新車ではジムニー一択になります。

 

 

下取り車があればジムニーを新車値引き以上に安く買える!

 

新車のジムニーを安く買うには値引きが必要ですが、真向ぶつかるライバル車が不在なため、値引きのガードが固いです。

 

しかし、下取り車があるなら、その下取り車を高く売る事で、ジムニーの総支払額を安くする事が出来ます。

 

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額は信用するな!?

 

下取り車をディーラーで査定してもらう時に注意したい事があります。

 

それは「ディーラーの下取り金額を信用しない事」です。

 

何故かと言うと、ディーラーは下取り金額を安く見積もる事で、様々なメリットがあるからです。

 

例えば、新車の契約を取る時に「値引きが限界なので、下取りの方で何とか調整させてもらいます」と言って、下取り金額を10万円アップしたとしましょう。

 

10万円もアップしたら、それはお得とばかりユーザーはすんなり契約してしまうかもしれません。

 

しかし、実際には低く見積もっておいた下取り金額のため、10万円アップしてもディーラーには損が無いのです。

 

こうした新車販売のセールステクニックで、ユーザーはお得感を得られますが、実際には相当な金額を損している事になります。

 

 

ディーラーの下取り金額をアップさせるためにする事

 

低く見積もられる下取り金額ですが、それを簡単にアップさせる方法があります。

 

管理人の実体験で紹介しましょう。

 

以前フィットシャトルを買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。そこで出た金額は76万円です。

 

ディーラーは低く見積もってくる事は知っていたので、比較のため買取店にも査定してもらう事にしました。

 

買取店の査定サイトから申し込むと、その場で概算の相場を教えてくれます。

 

 

査定

 

そこで出たのは、なんとディーラーよりも20万円も高い金額でした。

 

すぐにディーラーへ連絡して、「買取店で96万円が相場と言われましたよ?」と伝えてみました。

 

その後ディーラーへ訪問すると「正直厳しいですが、決めてくるなら買取店さんに合わせましょう」とディーラーの下取り金額も96万円までアップしました!

 

この時した事は、査定サイトで表示された概算相場をディーラーへ伝えただけです。

 

これだけで20万円もアップしたので、ディーラーの下取り金額は低く見積もられているな、と思いましたね。

 

 

ディーラーより高ければ買取店へ売る選択肢も

 

ディーラーのアップ金額に満足していましたが、査定サイトで申し込んでいた買取店にも実際に査定してもらいました。

 

結果は意外な展開へ・・・

 

その時の明細書です。

 

 

 

なんと、20万円アップしたディーラー下取りよりもさらに高い108万円で買取ってもらいました

 

最初のディーラー査定は76万円だったので、そこから32万円も高い金額で売れた事になります。

 

もしディーラーの言うまま76万円で下取りに出していたら、32万円分損していた事になります。恐ろしいですね。。。

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分ほどの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されます。

 

管理人のようにディーラーの下取りと比較したい方、早く自分の車の相場を知りたい方には、おすすめのサイトです。

 

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

 

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

 

そんな時は新古車や未使用車がおススメです。

 

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

 

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

 

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

 

ガリバーのクルマコネクトなら、市場に出回る前の非公開車両を優先して紹介してくれるので、いち早くお得な中古車の情報を取得できます。

 

また、申し込みは電話不要のチャットのみで完結するので、手の空いたスキマ時間を使ってやり取りするだけで、とても便利です。

 

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を非公開車両含めて紹介してくれます。

 

>>ガリバーのクルマコネクトで中古車を探してもらう

 

 

 

ジムニーの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのジムニー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がジムニーを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のジムニーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>ジムニー値引き交渉マニュアル

 

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2008-2018 スズキ ジムニーを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com