ジムニーTOPジムニー評価>ジムニー人気カラーランキング

スズキ ジムニーの人気カラー ランキング! おススメのボディカラーも紹介

ジムニーの人気カラーランキング

 

20年の熟成を重ね、ついに登場した新型スズキ ジムニー


「その先にある、まだ見ぬ世界へ」と言うキャッチコピー通り、未知の世界へ連れて行ってくれそうです。

 

スクエアなデザインで前モデルから随分と印象が変わり、とても機能的なデザインとなっています。


しかし、一目でスズキ ジムニーと判るデザインはとても秀逸。


ジムニーファンには堪らない外観に違いありません。

 

そのスクエアで機能的なボディデザインを飾るのは全9色のボディカラー。


どのカラーもとても魅力的で、正直選ぶのが難しいラインナップです。

 

どのカラーのジムニーも正直カッコよく、本当に悩んでしまいそうですね!

 

 

 

 

スズキ ジムニーの人気カラー ランキングを発表!


スズキ ジムニーの人気カラー ランキングはコチラ!


1位 ジャングルグリーン 

2位 シフォンアイボリーメタリック **

3位 ピュアホワイトパール *

4位 ブルーイッシュブラックパール3

5位 ミディアムグレー

6位 スペリアホワイト

7位 キネティックイエロー ** ***

8位 ブリスクブルーメタリック **

9位 シルキーシルバーメタリック


* メーカーオプションカラーの為、有料となります。
** 2トーンルーフの設定があります。メーカーオプションカラーの為、有料となります。
*** ブラック2トーンの設定があります。メーカーオプションカラーの為、有料となります。


☆ (特別仕様車)には設定の無い色もあるのでご注意ください
☆ 今回のランキングは、メーカー発表の販売比率や中古車市場へ出回っている台数、ディーラーへの調査など、当サイトで独自に調査した2018年の人気ボディカラーランキングです。

 

 

スズキ ジムニー 人気のボディカラーを解説!

 

ジャングルグリーン

 

ジャングルグリーンのジムニー
※ジムニー:suzuki.co.jp

 

四輪駆動と言えばこのカラー。


自然に溶け込んでしまいそうなダークグリーンです。


新型スズキ ジムニーにも、この上なく似合っています。

 

飾り気なく、たくましく、しっかりとした印象のボディカラーです。


最近の新型車にありがちなキラキラ感は一切ありません。 まさに質実剛健。

 

色調としては、かなり深いグリーンですが暗い印象はありません。


針葉樹の葉の様な、存在感のあるグリーンとなっています。

 

今回の新型スズキ ジムニーから採用されたニューカラーとなっています。

 


シフォンアイボリーメタリック

 

シフォンアイボリーメタリックのジムニー

 

前述のカラーもそうですが、こちらのボディカラーもミリタリー色の濃いボディカラーです。


砂漠系のカモフラージュカラーとなっています。

 

しかし、おしゃれ度でいうとナンバーワンでしょう。


無骨さ一辺倒ではなく、様々なファッションに似合いそうな不思議な魅力があります。

 

色調はいわゆるアイボリー系なのですが、塗装面が厚いんだなと感じる様な雰囲気を持っています。


それはソリッド系のアイボリーではなく、メタリック塗装が奢られているから。


クリア塗装内のアルミ片が光を反射して、その様に見せてくれているのです。

 

少し汚れているくらいがカッコ良い、大本命のボディカラーです。


私が買うなら迷わずこのカラー。

 


ピュアホワイトパール

 

ピュアホワイトパールのジムニー

 

スポーティさにかけてはこのカラーがナンバーワン。


とても精悍なイメージを与えてくれるホワイトカラーです。


バンパーやグリルのブラックとの相性がとてもよく、シュッとした印象に仕上がっています。

 

このホワイトにはパール塗装が施されていて、スポーティな中に上品さも感じることが出来ます。


光の当たる角度によっては、光のヴェールを纏ったように見えるほど。

 

リセールバリューも安心の高査定間違いなし。


安心して選んでいただけます。

 


ブルーイッシュブラックパール3

 

ジムニーの人気色のブルーイッシュブラックパール3

 

「真っ黒」を持って来ないあたり、さすがスズキ!と言わざるを得ません。

 

色調としてはかなり黒寄りの濃紺。


ネイビーやインディゴよりもさらに黒寄りの味付けをしています。


それが真っ黒のバンパーやグリルとの良いバランスを醸し出しているのです。

 

しかもパール塗装ですので、輝きが違います。


そのおかげで陰影感は強め。


見る角度で真っ黒にも濃紺にも見えます。

 

スパルタンな印象を与えてくれる、ダーク系カラー好きのためのボディカラーとなっています。

 


ミディアムグレー

 

ミディアムグレーのジムニー

 

これはカッコいい!


スズキのデザイナーのイチオシカラーです。

 

このカラー、実はカタログやウェブサイトで見るよりも少し明るめのグレーとなっています。


いわゆるグレーではなく「シルバー寄りのグレーにホワイトでマイルド感を味付けした感じ」と言えば伝わるでしょうか。


おかげでグレーにありがちな無骨さは一切なく、柔らかい印象を受けます。

 

高級感に関してはラインナップ中ナンバーワン。


オススメです!

 


スペリアホワイト

 

スペリアホワイトのジムニー

 

山で使い倒すならこのカラー。


真っ白なソリッド系のホワイトカラーです。

 

前述のピュアホワイトパールはその名の通りパール系ですが、こちらはソリッドカラーですので塗装の修理代が安くつきます。


傷など気にせずにガンガン山を走れそうですね!

 

色調としては、ピュアホワイトパールよりもワントーン明る目のソリッド系ホワイト。


ホワイト好きには堪らないボディカラーとなっています。

 


キネティックイエロー

 

ジムニーの人気色のキネティックイエロー

 

新型スズキ ジムニーのイメージカラーとなっているボディカラーです。

 

キネティックとは「動く芸術作品」の事。


まさに芸術と言えるほどの仕上がりのボディカラーです。

 

色調は、トーンの落ち着いたネオン系のイエロー。


躍動感とエネルギーに溢れています。

 

キネティックイエロー は、今回新たに採用されたニューカラーで新型スズキ ジムニーの為に作られたボディカラーです。


これほど新型ジムニーに似合うボディカラーは見た事がありません。

 

ザ・ジムニーなボディカラーを堪能していただきたいと思います!

 


ブリスクブルーメタリック

 

 

どこまでも青く抜けた大空の様な、透明感のあるブルー。

 

パステル調ではなく、もう少し濃い青空のブルーです。


メタリック塗装を採用していますので、光の角度によってはブルーの塗装面にシルバーの輝きが入ってきます。


そのお陰で陰影感はかなり強め。

 

子供っぽくない、大人のためのブルーとなっています。

 


シルキーシルバーメタリック

 

ジムニーのボディ色のシルキーシルバーメタリック

 

前モデルから引き続き採用されている、超定番のシルバーカラー。


どれだけジムニーに似合うかは、言うまでもないでしょう。

 

このシルバーの特徴はとにかく汚れが目立たない事。


日々のメンテナンスも楽ですね。

 

反面、これほど洗車のやり甲斐があるボディカラーはありません。


丁寧に洗車をしてやると、それに応えるかの様に滑らかで透明感のある塗装面が鮮やかに輝きます。

 

ランキング最下位が勿体ない、ぜひ選ぶべきボディカラーです。

 

 

スズキ ジムニーのおすすめカラーは?

 

スズキ ジムニーは指向性の強い車です。


ですので「なんとなくジムニーを買った」という方は少ないのではないでしょうか。

 

その分、こだわりの強い方が多いと思います。

 

こだわりの強いジムニー乗りは自分の乗るべきボディカラーを知っています。


「このボディカラー、オススメですよ」なんていう必要もないでしょう。

 

しかし、知っておいてもらいたい事はあります。


ボディカラーによってはメンテナンスが大変だったり、傷が目立ちやすかったり。


そして何よりも、選んだボディカラーに飽きてしまったりする事もあるのです。

 

指向性が強い車だからこそ、最後まで愛着を持って乗りたいもの。


だからこそ、自分自身のライフスタイルと照らし合わせて、しっかり考えていただきたいと思います。

 

最高のジムニーライフを楽しんでくださいね!


 

下取り車があればジムニーを新車値引き以上に安く買える!

 

新車のジムニーを安く買うには値引きが必要ですが、真向ぶつかるライバル車が不在なため、値引きのガードが固いです。

 

しかし、下取り車があるなら、その下取り車を高く売る事で、ジムニーの総支払額を安くする事が出来ます。

 

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額は信用するな!?

 

下取り車をディーラーで査定してもらう時に注意したい事があります。

 

それは「ディーラーの下取り金額を信用しない事」です。

 

何故かと言うと、ディーラーは下取り金額を安く見積もる事で、様々なメリットがあるからです。

 

例えば、新車の契約を取る時に「値引きが限界なので、下取りの方で何とか調整させてもらいます」と言って、下取り金額を10万円アップしたとしましょう。

 

10万円もアップしたら、それはお得とばかりユーザーはすんなり契約してしまうかもしれません。

 

しかし、実際には低く見積もっておいた下取り金額のため、10万円アップしてもディーラーには損が無いのです。

 

こうした新車販売のセールステクニックで、ユーザーはお得感を得られますが、実際には相当な金額を損している事になります。

 

 

ディーラーの下取り金額をアップさせるためにする事

 

低く見積もられる下取り金額ですが、それを簡単にアップさせる方法があります。

 

管理人の実体験で紹介しましょう。

 

以前フィットシャトルを買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。そこで出た金額は76万円です。

 

ディーラーは低く見積もってくる事は知っていたので、比較のため買取店にも査定してもらう事にしました。

 

買取店の査定サイトから申し込むと、その場で概算の相場を教えてくれます。

 

 

査定

 

そこで出たのは、なんとディーラーよりも20万円も高い金額でした。

 

すぐにディーラーへ連絡して、「買取店で96万円が相場と言われましたよ?」と伝えてみました。

 

その後ディーラーへ訪問すると「正直厳しいですが、決めてくるなら買取店さんに合わせましょう」とディーラーの下取り金額も96万円までアップしました!

 

この時した事は、査定サイトで表示された概算相場をディーラーへ伝えただけです。

 

これだけで20万円もアップしたので、ディーラーの下取り金額は低く見積もられているな、と思いましたね。

 

 

ディーラーより高ければ買取店へ売る選択肢も

 

ディーラーのアップ金額に満足していましたが、査定サイトで申し込んでいた買取店にも実際に査定してもらいました。

 

結果は意外な展開へ・・・

 

その時の明細書です。

 

 

 

なんと、20万円アップしたディーラー下取りよりもさらに高い108万円で買取ってもらいました

 

最初のディーラー査定は76万円だったので、そこから32万円も高い金額で売れた事になります。

 

もしディーラーの言うまま76万円で下取りに出していたら、32万円分損していた事になります。恐ろしいですね。。。

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分ほどの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されます。

 

管理人のようにディーラーの下取りと比較したい方、早く自分の車の相場を知りたい方には、おすすめのサイトです。

 

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

 

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

 

そんな時は新古車や未使用車がおススメです。

 

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

 

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

 

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

 

ガリバーのクルマコネクトなら、市場に出回る前の非公開車両を優先して紹介してくれるので、いち早くお得な中古車の情報を取得できます。

 

また、申し込みは電話不要のチャットのみで完結するので、手の空いたスキマ時間を使ってやり取りするだけで、とても便利です。

 

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を非公開車両含めて紹介してくれます。

 

>>ガリバーのクルマコネクトで中古車を探してもらう

 

 

 

ジムニーの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのジムニー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がジムニーを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のジムニーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>ジムニー値引き交渉マニュアル

 

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2008-2018 スズキ ジムニーを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com