ジムニーTOPジムニー評価>ジムニーの運転

ジムニーは運転しやすい?難しい?大きさや駐車のコツをチェック!

 

新型ジムニーは受注が多く高い人気を博していますが、いま購入を検討している方も大勢いることでしょう。

 

ただ、これまで本格クロカン4WD車に乗ったことがない方は、運転が難しいのでは?癖があるのではないか?と不安になっているかもしれません。

 

ここでは、ジムニーの運転しやすさについて検証すると同時に、駐車のコツや運転をサポートするアイテムについても紹介しますので、是非とも参考にしてみてください。

 

 

 

 

ジムニーの大きさは?ボディサイズをチェック

 

まず初めに、ジムニーの売れ筋グレード「XL」のボディサイズをチェックしてみましょう。

 

【ジムニー XL】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,725mm

 

全長・全幅は軽自動車規格いっぱいのサイズで、全高はワゴンRなどの軽ハイトワゴンと、スペーシアなどの軽スーパーハイトワゴンの中間くらいの高さになっています。

 

ハスラーから乗り換えるケースを想定して、ここでサイズを比較してみましょう。

 

スズキ ハスラー
※ハスラー 出典suzuki.co.jp

 

【ハスラー J】
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,665mm

 

ジムニーはハスラーと比較すると全高が60mm近く高く、アイポイントも高くなっています。

 

運転感覚に極端な差はありませんが、ハスラー以上に見晴らしが良いので、より快適に運転できるかもしれません。

 


ジムニーの小回りは効くか?ジムニーの最小回転半径

 

次に、ジムニーの小回り性を検証してみましょう。

 

ジムニーの最小回転半径は4.8mで、ハスラーの4.6mと比べると20cm大きい数値になっています。

 

軽自動車の中では、ホンダS660と並んで最も小回りが効かない車のひとつです。

 

ハスラーでは切り返しの必要がなかったのに、ジムニーに乗り換えたら切り返しをする場面が増えた、というケースもあるかもしれません。

 

それでも、クロカン4WDのカテゴリーの中では4.8mという数値は最小なのです。

 

例えばジープラングラースポーツの5.3mなどと比べると、大きな差があります。

 

こうした小回り性能は、ハスラーでも分け入ることのできない悪路を走行する際に大きな武器になります。

 


ジムニーは運転しやすい?難しい?車両感覚と運転感覚

 

ジムニーの車両感覚&運転感覚

 

 

ジムニーのフロントの見切りは抜群

 

ジムニーのフロントの見切りはバッチリ!
※ジムニー 出典suzuki.co.jp

 

水平基調のスタイリングが特徴のジムニーは、ボンネットも水平に近いため、高いアイポイントの運転席から先端部をはっきりと確認することができます。

 

軽自動車の中では、フロントの見切りの良さはナンバーワンといっても良いでしょう。

 

フロントバンパーの位置が把握しやすいため、駐車や狭い路地での切り返しの際に壁などにぶつけてしまうリスクはミニマムです。

 

また、斜め前方視界の点でも、角度の立ったAピラー(フロントピラー)や一段下げられたフロントドア前部のベルトラインなどにより、非常に優れています。

 

交差点で右左折する際も歩行者の確認がしやすく、必要以上に神経を使わずに済むのは大きなメリットといえるでしょう。

 


〇 ジムニーの車幅の感覚は掴みやすい?

 

ジムニーは運転席からボンネット先端が見えることに加え、アイポイントが高く前方視界が非常に良いため、車幅の感覚の掴みやすさは抜群です。

 

ハスラーもボンネットの手前側までは見えるので、比較的車幅の掴みやすい車ですが、ジムニーはその上を行きます。

 

軽自動車は全幅が狭いので、一般的に登録車と比べ狭い路地での走行が楽ですが、その中でもジムニーの乗りやすさは断トツと言えるでしょう。

 


ジムニーの後方視界はまずまず

 

ジムニーの後方視界はまずまず。
※ジムニー 出典suzuki.co.jp

 

ジムニーのリアウィンドウは十分な面積が取られていますが、テールゲートに背負ったスペアタイヤが視界を遮るのが難点です。

 

そのため、後方視界はまずまずのレベルに留まります。

 

一方、斜め後方視界の点では、大きなリアクォーターウィンドウや細いCピラー(リアピラー)のお陰で、非常に良好です。

 

目視確認しながらの車線変更では、他の車両が死角に入ってしまうことは、ほとんどないでしょう。

 


〇 ジムニーの駐車にはコツがある?

 

ジムニーは、スペアタイヤに若干スポイルされる後方を除けば視界が非常に良く、ボディ四隅の位置も把握しやすいので、駐車には特別なコツを要しません。

 

最近の車には珍しくベルトラインが水平なので、白線の枠内に真っ直ぐ停めることも容易です。

 

気をつけなけらばならない点は、各ウィンドウの下端部の位置が高いため、車両直近にいる子供などが見えないことでしょう。

 

また、前後を壁ギリギリに付ける場合は、見切りの良さからギリギリまで攻めたいところですが、前後バンパー部の張り出しを計算に入れないと、バンパーをぶつけてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

以上の点を注意すれば、最も楽に駐車できる1台と言えます。

 


ジムニーの運転で役立つアイテム

 

XL/XGならスズキセーフティサポート装着車

 

スズキの安全運転支援システム「スズキセーフティサポート」は、最上級グレードのXCには標準装備されますが、XLとXGの場合は「スズキセーフティサポート装着車」と名付けられたメーカーオプションになっています。

 

スズキセーフティサポートを構成する装備は、以下の7つです。

 

・前方の車両や歩行者と衝突する可能性があると判断すると、ブザー音やメーター内の表示、自動ブレーキなどにより衝突被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート」


・前方約4m以内に障害物のある状況でアクセルペダルを強く踏み込むと、エンジン出力抑制やブザー音及びメーター内の表示により衝突被害を軽減する「誤発進抑制機能」(※AT車のみ)


・約60~100km/hで走行中に車線からはみ出しそうになると、ブザー音とメーター内の表示によりドライバーに注意を促す「車線逸脱警報機能」


・約60~100km/hで走行中に疲労などにより車両が蛇行すると、ブザー音とメーター内の表示によりドライバーに注意を促す「ふらつき警報機能」


・走行中に「最高速度」「はみ出し通行禁止」「車両進入禁止」などの道路標識をメーター内に表示し、順法運転をサポートする「標識認識機能」


・信号待ちなどの際に先行車の発進に気づかず停車し続けると、ブザー音とメーター内の表示によりお知らせする「先行車発進お知らせ機能」


・約30km/h以上で走行中、先行車や対向車の有無などに応じヘッドランプのハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」

 

事故発生のリスクを大幅に軽減する機能がこれだけ備わるにも関わらず、価格は僅か42,120円アップするだけなので、XL/XGを購入するなら絶対付けておくべきです。

 

先行車発進お知らせ機能
※ジムニー 出典suzuki.co.jp

 


バックアイカメラ

 

ディーラーオプションのナビを装着する場合、ナビオプションの「バックアイカメラ」を付けることができます。

 

バックアイカメラ
※ジムニー 出典suzuki.co.jp

 

このアイテムは、シフトレバーをリバースに入れるとナビ画面が自動でリアカメラの映像に切り替わるものです。

 

後方視界が抜群とまでは言えないジムニーの場合、後退時の安全確認をサポートしてくれるメリットは大きいと言えるでしょう。

 

価格は32,508円とそれほど高価でもないので、ナビを付けるなら是非付けておきましょう。

 


ジムニーの運転のしやすさまとめ

 

ジムニーは、スクエアで四隅の位置が把握しやすいボディ形状や、概ね良好な視界により運転がしやすい車に仕上がっています。

 

クロカン4WDだからといって身構える必用がないばかりか、大抵の乗用車よりも運転しやすいくらいです。

 

更に、ここで紹介したアイテムを装着すれば一層乗りやすい車になるので、運転が得意でない女性でも気軽に乗り回せるはずです。

 

ただ、ジムニーの運転はしやすいですが乗り心地はハードな面もあるので、購入の際は試乗して運転のしやすさ含め確認しましょう。

 

 

下取り車があればジムニーを新車値引き以上に安く買える!

 

新車のジムニーを安く買うには値引きが必要ですが、真向ぶつかるライバル車が不在なため、値引きのガードが固いです。

 

しかし、下取り車があるなら、その下取り車を高く売る事で、ジムニーの総支払額を安くする事が出来ます。

 

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

 

 

ディーラーの下取り金額は信用するな!?

 

下取り車をディーラーで査定してもらう時に注意したい事があります。

 

それは「ディーラーの下取り金額を信用しない事」です。

 

何故かと言うと、ディーラーは下取り金額を安く見積もる事で、様々なメリットがあるからです。

 

例えば、新車の契約を取る時に「値引きが限界なので、下取りの方で何とか調整させてもらいます」と言って、下取り金額を10万円アップしたとしましょう。

 

10万円もアップしたら、それはお得とばかりユーザーはすんなり契約してしまうかもしれません。

 

しかし、実際には低く見積もっておいた下取り金額のため、10万円アップしてもディーラーには損が無いのです。

 

こうした新車販売のセールステクニックで、ユーザーはお得感を得られますが、実際には相当な金額を損している事になります。

 

 

ディーラーの下取り金額をアップさせるためにする事

 

低く見積もられる下取り金額ですが、それを簡単にアップさせる方法があります。

 

管理人の実体験で紹介しましょう。

 

以前フィットシャトルを買い替える時に、ディーラーで査定してもらいました。そこで出た金額は76万円です。

 

ディーラーは低く見積もってくる事は知っていたので、比較のため買取店にも査定してもらう事にしました。

 

買取店の査定サイトから申し込むと、その場で概算の相場を教えてくれます。

 

 

査定

 

そこで出たのは、なんとディーラーよりも20万円も高い金額でした。

 

すぐにディーラーへ連絡して、「買取店で96万円が相場と言われましたよ?」と伝えてみました。

 

その後ディーラーへ訪問すると「正直厳しいですが、決めてくるなら買取店さんに合わせましょう」とディーラーの下取り金額も96万円までアップしました!

 

この時した事は、査定サイトで表示された概算相場をディーラーへ伝えただけです。

 

これだけで20万円もアップしたので、ディーラーの下取り金額は低く見積もられているな、と思いましたね。

 

 

ディーラーより高ければ買取店へ売る選択肢も

 

ディーラーのアップ金額に満足していましたが、査定サイトで申し込んでいた買取店にも実際に査定してもらいました。

 

結果は意外な展開へ・・・

 

その時の明細書です。

 

 

 

なんと、20万円アップしたディーラー下取りよりもさらに高い108万円で買取ってもらいました

 

最初のディーラー査定は76万円だったので、そこから32万円も高い金額で売れた事になります。

 

もしディーラーの言うまま76万円で下取りに出していたら、32万円分損していた事になります。恐ろしいですね。。。

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分ほどの入力で申し込み後、画面上に自分の車の概算相場が表示されます。

 

管理人のようにディーラーの下取りと比較したい方、早く自分の車の相場を知りたい方には、おすすめのサイトです。

 

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

 

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

 

そんな時は新古車や未使用車がおススメです。

 

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

 

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

 

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

 

ガリバーのクルマコネクトなら、市場に出回る前の非公開車両を優先して紹介してくれるので、いち早くお得な中古車の情報を取得できます。

 

また、申し込みは電話不要のチャットのみで完結するので、手の空いたスキマ時間を使ってやり取りするだけで、とても便利です。

 

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を非公開車両含めて紹介してくれます。

 

>>ガリバーのクルマコネクトで中古車を探してもらう

 

 

 

ジムニーの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのジムニー値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がジムニーを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のジムニーの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>ジムニー値引き交渉マニュアル

 

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2008-2018 スズキ ジムニーを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com